アルツハイマーと脳神経細胞との関わり|脳に優しい栄養素

生活習慣病を予防するには

錠剤

食事の改善が大切

糖尿病は高血圧、高脂血症、肥満などと並んで日本人が発症しやすい生活習慣病です。進行すると末梢神経や網膜、腎臓などに障害が起こります。また動脈硬化の原因となり血栓ができたり血管が硬くなることで脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こしてしまいます。糖尿病を予防するには適度な運動やバランスのとれた食事をすることが大切です。特に食事の改善は大切で高カロリーの食品や塩分、糖分などは控えめにすることが必要です。またサプリメントで糖尿病の予防をする人も増えています。糖尿病のサプリメントは成分によって働きも違ってきます。利用する前には成分の作用などをよく調べて自分にあったものを選びたいものです。長く続けるには価格も家計に響かないものを選びましょう。

効果的な成分とは

糖尿病に効果のある成分として有名なのがDHAとEPAです。この二つは体では生成できない必須脂肪酸です。青魚の油に多く含まれる成分ですがサプリメントなら効率よく摂取できます。DHAもEPAのどちらも中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし血液をサラサラにする効果があります。またEPAはインシュリンの分泌を促す働きもあります。また漢方の生薬を使ったサプリメントも人気になっています。特に有名なのが高麗人参や田七人参です。これらは血糖値の上昇を防ぐサポニンという成分を含んでいます。また脂質を燃焼しやすくして体の代謝機能を高めます。これにより中性脂肪やコレステロールの抑制ができます。これらは栽培年数によって品質や効果が違ってきます。

Copyright © 2016 アルツハイマーと脳神経細胞との関わり|脳に優しい栄養素 All Rights Reserved.